スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |

ばあじる
タイトルの「ばあじる」って、何だと思いますか?


今日は小学校に読み聞かせのボランティアに行きました。
3人で45分間を任されます。
私は、「どんぐりかいぎ」という絵本を読みました。
どんぐりは1年おきに、「なりどし」と「ふなりどし」というのがあるそうです。


他のメンバーが、「かちかちやま」の絵本を読みました。
じいさまに捕まえられた たぬきの姿が↓の写真にそっくりでした。



たぬきの絵のほうが、すっごく意地悪い顔をしていましたが、
四肢を縄で結わえられている姿に似ています。

ストーリーはほとんどの方がご存知でしょう。
たぬきとじいさまのやりとりがあって、
じいさまが たぬきを捕まえて、家に帰ります。
ばあさまに、あわ餅をついて『たぬきじる』を作ってくれと頼みます。
ばあさまがあわもちをついていると、たぬきは手伝わせてくれと頼み、
縄を解いてもらいます。
たぬきはばあさまと一緒にあわもちをついていましたが、きねでばあさまを打ち殺してしまいます。
たぬきはばあさまに化けて、『ばあじる』を作ります。
そして、帰ってきたじいさまと一緒に『ばあじる』を食べるのです。
じいさまは、「たぬきじるがなんだかばあさまくさい」と言いますが、
ばあさまに化けたたぬきは、「古いたぬきは、ばあさまくさくなるのだ」
と、言い返します。
すべて食べてしまったところで、ばあさまに化けたたぬきは元の姿にもどり、
じいさまが食べたのは、『ばあじる』だと暴露して逃げて行きます。
そして、嘆き悲しむじいさまのところにうさぎがやって来て、
敵討ちをしてくれるお話です。
たぬきは、背中に背負った茅に火をつけられたり、
火傷した背中に唐辛子を塗られたり、ひどい目に合わされながら、
最後は土の船とともに川に沈んで死んでしまいます。

子ども達のなかには、自分の知っている話と違うと言う子もいました。
残酷だからと、少しお話を変えた本を読んだようです。
・・・・ばあさまは死なずに、寝込んでしまう。
・・・・たぬきも死なずに、ばあさまに謝りに来た。

残酷なお話は教育上よくないのか、私にはよくわかりません。
ハッピーエンドなお話のほうが、丸くおさまるのでしょうか。


私は、読むと元気がもらえる絵本が好きです。
「ポケットのないカンガルー」とか「おかえりなさいスポッティ」とか。
最近は大人向けの絵本も多くあるようです。




| ketty | 20:02 | comments(13) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:02 | - | - |

Comment
御伽噺とか昔話とか、大人になってしまうと
記憶があやふやになってしまうので、
かちかちやまがこんなストーリーだったというのは
かなり衝撃的でしたよぉ!!(滝汗)
ばあじる…。大人になると妙に
リアルにイメージできてしまいますものね(涙)。
じいさま、これはショックですよ〜〜。
嘆き悲しむレベルじゃすまないですよね!!
ああ、恐ろしや〜〜。
Posted by: Chocolat |at: 2009/10/22 8:56 PM
まろんちゃん 同じ格好だと狸ですか。
しっぽは確かにぽわっとしてますものね。
昔話は残酷なのが多いですよね。
猿カニ合戦とかも。
今の時代に合うのと合わないのがあるような気がします。

Posted by: ヤムヤムママ |at: 2009/10/22 9:44 PM
お伽話も童謡もけっこう内容は辛辣と言うか残酷と言うかが多いですよね。
昨日はコメント下さりありがとうございます♪
高速訪問&応援で(´・ω・。)。゚.o。ゴメンナサイ。o.゚。
Posted by: barai |at: 2009/10/22 9:47 PM
私が知っている「かちかちやま」のお話は…
おばあさんはタヌキに殺されるけれど
ばあじるにして食べる、という場面はなかったように思います。

私も、残酷なお話だから…と眉をしかめて なるべく避ける、
というような必要はないと思います。

あまりにもオブラートに包み過ぎて
『死』というものに向き合う機会を少なくしてしまっていると思います。

私の知っているお話でも
残酷なシーンが出てくるもの(ストーリー)があります。

「うざぎのみみはなぜながい」
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=11851

「100まんびきのねこ」
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=1126
(共に『絵本ナビ』というサイトからです。)

お話を読んでもらった後、
その子なりに何か考えることがあると思います。
楽しいばかりのお話では、
なかなか味わえない気持ちだと思います。

まんべんなく(楽しい話、びっくりする話、悲しい話、不思議な話、自然の話、など)
片寄らずに読んであげられれば理想的ではないのかな、と思います。^^

Posted by: ecru |at: 2009/10/22 10:33 PM
私が読んだ物とやっぱり違いますね。
でもどんなお話だったかは忘れちゃいましたが…。
都合の悪いところだけカットするのもいけないとは思いますが
難しいところですよね。
そのお話を読んでいろいろ話し合いをする良い機会になればいいのかな?

まろんちゃん、今日はなんだかいつもよりも
色白さんですね。
Posted by: まめのお世話人 |at: 2009/10/23 12:07 AM
小さい頃読んだカチカチ山は
そんなに残酷な話ではありませんでしたが
大人になってから酷い方の話を聞きました。
タヌキ、めちゃくちゃ恐ろしいです。
ここまで残酷な話はやっぱり子供向けじゃないと思います。
Posted by: 福:まむ |at: 2009/10/23 12:49 AM
おとぎ話は実は怖い なんて事が
沢山ありますよね。
マザーグースやグリムだって
結構怖いですよ〜〜(>_<)
Posted by: 猫ママ |at: 2009/10/23 7:13 AM
バージルっていうと、ヴェルギリウスのことなんですが
おとぎばなし的にはそっちですよね。たぬきにも言い分
があって「殺して喰うのは同じくらいひどいこと」だと
訴えることが認められていたんですよね。飼主がすきな
おはなしは「やさしいライオン」とか「ぐりとぐら」とか
でした。まろん君みたいにウルタ君も転がってますよ。
Posted by: うるの飼主 |at: 2009/10/23 7:52 AM
結構 残酷な話って 多いですよね・・・
子供に聞かせて「よい大人になりなさい」って言っても 無理やろう・・・って思うような・・・
Posted by: ronmama |at: 2009/10/23 9:32 AM
まろんちゃん、てあしがおんなじところにまとまって
たしかに、捕まってしまったみたいになってます・・・
かちかち山、私も小さい頃に聞いた話は後者のような
「無害」な感じのものでした^^;
その後、自分で読んだ原作の内容にショックを受けたのを覚えています。
昔ばなし、実はけっこう残酷だったりしますよね。。。
私も絵本が大好きで、今もうちにはたくさんの絵本があります♪
いい大人なのに…^^;
私は「すてきな三にんぐみ」と
「ふたりはともだち」が大好きです♪
Posted by: Robele |at: 2009/10/23 1:06 PM
そうそう・・分かります
かちかち山は結構スゴイ話
でも、子供を産んでから買った
絵本では、お婆さんは殴られて
怪我をするだけ・・・
狸も最後懲らしめられて改心するのです
あれ??こんな話だっけ??
と思いながら読みました

し、しかし・・
縛られた狸に似てるなんて・・(笑)
大丈夫よ、まろんさん
全然似て・・・似て・・・・
似て・・・な・・いと・・・??
ご、ご、ごめん!
ちょっとそんな風にもみえてきちゃったわ\(;゜∇゜)/ヒヤアセ☆
Posted by: sao |at: 2009/10/23 2:13 PM
小学校に読み聞かせのボランティア(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ
こっちの小学校にもあるんだけど、
行きたいなぁと思いつつなかなか仕事優先で。
頭が下がります〜〜。
絵本とか、子供の本って残酷なシーンもあるけど、
かなり的を得ているというか、人生の教訓語ってますよね?
人生そんなに甘かないよ、みたいな本が沢山ある気がします。
やはり大人が作る本だからかな。
Posted by: ねこかい |at: 2009/10/23 3:58 PM
昨日はコメント下さりありがとうございます♪
応援、投票?して帰りますねぇ☆
Posted by: barai |at: 2009/10/23 9:29 PM








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Entry

Profile

Comment

Category

Archives

Link

猫とも日めくりカレンダー2013


猫友日めくりカレンダー

いつでも里親募集中♪

いつでも里親募集中

Search

Feed

Others

Mobile

  • qrcode

Sponsored Links